永久脱毛は医療行為

永久脱毛とは、科学的方法によって毛根を壊死させ、体毛を永久に生えてこない状態にする医療行為、と定義されています。ここでいう科学的方法とは、大別すると電気脱毛、レーザー脱毛、光脱毛に該当します。毛穴の立毛筋が接する辺りに幹細胞という毛を作り出す細胞があるので、その細胞を破壊すれば毛は生えなくなる、という説があります。因みに、現在この説が有力です。これには、十分な熱エネルギーを加えなければならず、熱傷などの可能性もあるため医療機関での脱毛が望ましい、と厚生労働省が見解を出しました。エステサロンでも永久脱毛の効果を得ることはできますが、中には殆ど効果がない施術を行なうサロンもあり、トラブルの原因にも陥りやすいので、注意が必要です。昭和59年11月13日および昭和63年2月4日、この永久脱毛に関する行為について、厚生省医事課より 「永久脱毛として処理を行った場合は、医師法第17条の医業に該当し、医師ではない者が行う事は医師法違反である」と出されてます。 医療機関以外では永久脱毛行為は禁じられています。医療機関での特殊な診療として、仮に電気脱毛を行っていたとしても、その事実を宣伝することは法律で禁じられていますので、広く一般に伝えることはできないことになっています。つまり、病院の広告には規制があり、更に個人開業の病院が捻出する広告費には限りがあります。 一方のエステティックサロンは、車内吊りや街の看板、雑誌等に多くの広告を出しています。 その結果、永久脱毛=エステと、多くの錯覚を生みだす結果になっています。この無法状態は真剣に脱毛を考える人には良い影響を与えていません。肌のトラブル、追加費用を請求された等、トラブルは後を断たないのが現状です。皮膚科・形成外科の医師が中心となって1987年に設立された『日本医学脱毛協会』には、全国に32の病院・医院が加盟していますので、施術前に相談・カウンセリングを受けてみるのも良いでしょう。

コメントは受け付けていません。