脱毛にはどんなものがある?

脱毛の種類には色々ありますが、専門機関での施術には次のようなものがあります。1.光脱毛 エステサロンで主に使われています。医療行為に当たらないということで取り扱われています。広範囲に照射ができるのが特長で、短時間に脱毛ができることで価格を抑えることが可能になりました。しかし、医療機関で使用されているものに比べて威力は弱いため、永久脱毛という脱毛は認められていません 。実際感じる効果については当然個人差があります。2.レーザー脱毛 「クリニック」や「皮膚科」等の医療機関でのみ許されている方法です。医療行為に当たるために、医師か医師に指示を受けた看護師以外に施術できません。毛母・毛乳頭のある幹細胞を破壊して再生機能を断つということで、理論的には永久脱毛と言えます。部位によっては傷みを感じることがあります。3.ニードル法 以前はこれが脱毛の主流でした。電気針を毛穴に通して高周波の電流を流し、毛根組織を破壊します。今でも一番の効果を上げますが、痛みが強い上に時間がかかるため最近はほとんどレーザー脱毛に移行しています。4.ワックス脱毛 脱毛用のワックスを脱毛したいところに塗り、テープや当て布で一気にはがします。レーザーや光脱毛では出来ない粘膜部分の脱毛に有効です。しかし、毛母・毛乳頭を破壊していないので毛周期に合わせてまた生えてきてしまいます。このように、様々な手法をとれるので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう

コメントは受け付けていません。